スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【from Editor】「読ませる」電子媒体は(産経新聞)

 今年は電子書籍元年だそうだ。起爆剤は、iPad(アイパッド)。発売2カ月で世界出荷台数が200万台を突破した、このタブレット型携帯端末でダウンロードされた電子書籍は500万冊を超えた。新聞など紙媒体業界にも転換点になる。これはのんびりなんぞしていられない、と日本発売と同時に手にしたiPadで早速、電子書籍を試した。

 英語版「クマのプーさん」は、ページめくりなど紙の本の感触を可能な限り再現していた。画面に触れてめくったページの裏の絵がうっすらと透けて見えるのには恐れ入った。京極夏彦「死ねばいいのに」は縦書き、横書きを自由に変更できるという、紙媒体ではできない機能がついている。雑誌「VOGUE」日本版は表紙が動画だ。

 ひとしきり操作したあとの感想は「『見る』のはいいが『読む』にはちょっと」だった。サッと目は通しても、じっくり読んでいない自分に気がついたのだ。味わって読むならば、やはり紙媒体になる。とすれば、紙媒体の複製にとどまっていては物足りない。どこまで電子媒体ならではの「何か」を付加できるか、ということになる。検索機能、ネット通販や音楽販売などとの連動など電子媒体ならではの機能を競うのだろう。

 さて、新聞だ。優位とされる「一覧性」は電子版でも健在。画面サイズ3・5インチのiPhone(アイフォーン)で好評だった「産経新聞」は、9・7インチの大画面で見やすくなった。それでも、やはり、「見ているだけ」の自分に気がついた。

 職業柄、複数紙を読むため、紙の新聞でも、まず「見る」習慣がついている。5紙を見ても10分とかからない。「読む」のはその次だが、電子新聞はまだ、すんなりと「読む」に移れない。本文を読むには拡大する必要があるからか、レイアウトのせいか。紙のほうが速く読めて頭にも入る。

 しかし、それを電子媒体共通の課題とも言い切れない。携帯電話へのニュース配信、見出しと200字程度の記事は「読んでいる」からである。携帯のショートメッセージの制限文字数が160字なのは、はがきの平均文字数が150字だったためとか。端的にモノを伝えることができる字数なのだろう。ツイッターの140字もこれに起因するという。

 ヒントはこの辺にあるかもしれない。真剣かつ楽しみながら試行錯誤を続けたい。(経済本部長 谷口正晃)

自民の代表質問批判=「国会でなければ名誉棄損」―官房長官(時事通信)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
社保・厚生年金病院存続法案が廃案(医療介護CBニュース)
高齢者や障害者に1万1千円分の福祉商品券―長野県佐久穂町(医療介護CBニュース)
【視点】資金依存、脱却を 国民新(産経新聞)
スポンサーサイト

首相辞意に平野長官が号泣(産経新聞)

 松井孝治官房副長官は3日午前のフジテレビ番組で、鳩山由紀夫首相が1日夜の小沢一郎民主党幹事長らとの会談直後、官邸の首相執務室に松井氏らを呼び事実上、辞意を伝えていたことを明らかにした。

 平野博文官房長官、松野頼久官房副長官が同席しており、平野氏はその場で号泣したという。

 松井氏によると、首相は民主党に対する結党以来の思いや、自らの「政治とカネ」の問題で政権を壊してしまったことへの無念さを語り、松井氏らは「辞意を固めた」と思ったという。

 平野氏は2日の記者会見で、首相から辞意を伝えられたのは2日午前9時ごろだと答えていた。

「小沢氏と困難に立ち向かう」=鳩山首相、続投に重ねて意欲(時事通信)
茨城県警警官、庁舎トイレで拳銃自殺か(読売新聞)
与党、31日午後に衆院通過の構え=郵政法案、攻防ヤマ場に(時事通信)
<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
<雑記帳>高校生が“禁煙紙芝居”を制作 高知(毎日新聞)

乳がん患者で医師…道標となった小倉恒子さん「私にかできないこと」(産経新聞)

 【葬送】最初に取材したのが3月1日。明るく強い女性という印象だった。「凛とした」という表現がぴったりの。それだけに、取材から3週間足らずで届いた訃報には「まさか」と耳を疑った。

 医師でありがん患者。「両方の立場が分かる私にしかできないことがある」と、同じ病気と闘う仲間に、自らの体験を自著やブログで発信し続けた。自宅では悩めるがん患者の電話相談にも応じた。

 34歳で乳がんを発症。再発を繰り返しながらも、医師の仕事は倒れるその日まで続けた。趣味のダンスも精力的に取り組み、がん患者でも、楽しく生きられることを体現。がん患者の道標のような存在だった。

 つらい抗がん剤の副作用も前向きにとらえた。薬には「クリスタルソルジャー」「ファイアオパールソルジャー」など、大好きな宝石のあだ名を付けて、がんと戦う戦士に見立てた。吐き気や脱毛の副作用も「薬ががんと戦ってくれている証拠」と受け入れた。

 そんな小倉さんが晩年に取り組んでいたのが「ドラッグ・ラグ」の問題だった。海外では使われている薬が、日本での承認が遅れて使えないという問題だ。

 10種類以上の抗がん剤を使ってきた小倉さんも、最後は使える薬がなくなり、数十万円もする高額な未承認薬を海外から個人輸入していた。「薬が目の前にあるのに使えないなんておかしい」。亡くなる直前に書いた最後のブログのテーマもドラッグ・ラグだった。

 23日のお別れ会には医療関係者や患者団体など100人以上が別れを惜しんだ。あいさつに立った父、孝さん(84)は遺影を前に声を震わせた。「医者で患者という立場を自覚し、よくがんばった。ほめてあげたい」。3月19日、乳がんのため死去。享年57。(蕎麦谷里志)

【関連記事】
医療現場にもう一つの時間差「デバイス・ラグ」
「ドラッグ・ラグ」解消へ 国、未承認薬など109品目開発要請
「薬があるのに使えない」難病に立ち向かう子供たち
特許失効、収益の切れ目 製薬「2010年問題」足かせ
診療報酬 22年度改定 ドキシルが入院で使えない!?
中国が優等生路線に?

電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート(時事通信)
<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)

<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)

 14日午後0時55分ごろ、東京都狛江市の市立中学校の校舎脇で、中学1年の女子生徒(12)が頭から血を流して倒れているのを担任の男性教諭が見つけ119番した。生徒は病院に運ばれたが、頭の骨を折って重体。警視庁調布署は生徒が2棟の校舎をつなぐ渡り廊下から飛び降り、約9メートル下の地面に落ちたとみている。同市教委によると、教室の机の中に遺書のようなメモがあり、同署は転落との関連を捜査している。

 同署によると、二つの校舎の3階をつなぐ渡り廊下の手すり(高さ約1メートル)に乗り越えたような跡があった。生徒は4時限目が終わる同0時40分ごろまで授業を受けていたが、給食の準備中に姿が見えなくなり、担任らが捜していた。【喜浦遊、松本惇】

夜の東武東上線、男性飛び込み7500人に影響(読売新聞)
<普天間移設>「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投(毎日新聞)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
お茶はいつから飲まれるようになったのか?(産経新聞)
小沢氏に再聴取要請 「裏金」供述に食い違い 改めて問われる説明責任(産経新聞)

<普天間>一連の首相発言 資質に「?」マークつく(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は7日午後3時から首相官邸で、鹿児島県・徳之島の3町長と会談し、普天間の基地機能の一部移転について協力を要請する。3町長は受け入れ拒否を正式に伝える。首相は沖縄訪問と徳之島3町長との会談を皮切りに、移設先の地元理解に全力を挙げる考えだが、沖縄での軽率な発言に首相の資質を問う声が高まっている。自ら説得に乗り出すことで打開策を求める試みが、求心力の低下に拍車をかけている。

 ◇党内外から厳しい批判

 首相は6日夕、今回の沖縄訪問について首相官邸で記者団に「連立政権で一番大事なことはオープン性だ。根回しとかやらないで、下手じゃないかという意見もあると思うが、率直に愚直に正直に行動することを尽くしていきたい。ただ1回ですべてが尽くされたとは思っていない」と述べ、引き続き地元の理解を得るのに全力を挙げる考えを強調した。

 しかし、首相が沖縄訪問で、海兵隊の「抑止力」について「(理解が)浅かった」と認め、自ら掲げた「県外移設」を「党としての発言ではない」と釈明したことに、政権内にも困惑が広がる。

 平野博文官房長官は6日の会見で、首相の「抑止力発言」について「大きな意味の抑止力なのか、小さな狭義の抑止力なのかという概念だと思う。もっと『抑止力は何だ』と首相に聞いたらどうか」と、首相に解釈を「丸投げ」せざるをえなかった。

 国民新党の下地幹郎国対委員長は、首相の「党としての発言ではない」との発言について、「非常に首相らしからぬ発言。公約のパンフレットの内容より、党代表の発言のほうが重いに決まっている」と厳しく批判した。

 6日、東京都内のホテルで開かれた民主党の地方議員の会合では世話人代表の宮城県議が「政治とカネ、普天間問題などで耳の痛い叱責(しっせき)を受けている」と首相に直訴。同党の中堅衆院議員の一人は「(有権者には)首相が辞めなければ民主党はダメだと言われる」と話す。閣僚の一人も「民主党が首相の資質を攻撃した麻生政権に似てきた」と自嘲(じちょう)気味に語った。

 野党側も首相の資質を攻撃。自民党の石破茂政調会長は6日、都内で記者団に「(首相は)安全保障を勉強しないまま『国外、県外』と言ってしまった」と指摘。公明党の山口那津男代表も取材に対し「(『抑止力』発言は)一国の首相が発言する内容ではなく、資質を問われる」と批判した。【野原大輔、念佛明奈】

 ◇徳之島3町長、会談へ

 首相は徳之島に普天間飛行場の基地機能の一部を移転する方針だが、このうち「海兵隊航空部隊の最大1000人の移転」には米側が4日の日米審議官級協議などで「沖縄本島の陸上部隊と170~180キロ離れる」と難色を示している。このため、政府内では「部隊移転は現実問題としてできない。訓練移転ができるようにしたい」(政府関係者)と、「部隊移転」は断念せざるを得ないとの見方が強まっている。

 首相は6日、官邸で記者団に「沖縄の県民の皆さんのご負担をできる限り減らしていきたいという思いの中で、徳之島の皆様方にご理解いただけるよう努力してまいりたい」と3町長との会談に向けた意気込みを語った。これに対し3町長は同日、徳之島空港前で記者団に「断固反対という民意をしっかり伝える」(高岡秀規・徳之島町長)などとそろって反対方針を強調した。7日の会談には鹿児島県の伊藤祐一郎知事、徳之島を選挙区とする自民党の徳田毅衆院議員も同席する予定だ。

 首相官邸は、徳之島への部隊移転を断念する場合でも、訓練移転は実現したい考え。しかし、徳之島への訓練移転と米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案との組み合わせでは「負担軽減にならない」と沖縄側が反発するのは必至だ。政府が検討する修正案は、工法を埋め立てから「くい打ち桟橋(QIP)」方式に変えるだけで、代替施設の規模や役割自体は基本的に維持することを想定しているためだ。【山田夢留、村尾哲】

【関連ニュース】
民主党:山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回
普天間:社民党「月内決着」先送り要求 民主との関係模索
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認

郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
帆船工作や操船体験 海の子どもフェスタ 15、16日に開催(産経新聞)
<家族5人殺傷>放火容疑で再逮捕…愛知県警(毎日新聞)
本人+替え玉=双方に似る、中大入試で合成写真(読売新聞)
<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
プロフィール

つるみひろしさん

Author:つるみひろしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。